どうしてTinyIMGはShipify画像圧縮目的でTinyPicのより良い代替ツールと言われているのでしょうか?

どうしてTinyIMGはShipify画像圧縮目的でTinyPicのより良い代替ツールと言われているのでしょうか?

Shopifyショップの画像を圧縮してサイズを小さくし、ウェブサイトのスペースを解放する方法をお探しですか?これを行うと、ウェブページの読み込みが速くなり、カスタマーのユーザーエクスペリエンスが向上します。ウェブサイトの速度は、コンバージョンにとって特に重要です。1秒の遅延でさえ、コンバージョンが7%減少する可能性があります。

画像のサイズを縮小できるプラットフォームがいくつかあります。たとえば、TinyPicは、画像や動画を簡単にホストして共有できる無料のサービスです。 TinyPicの機能の1つは、特定のサイズを超える画像や動画のサイズを変更し、メディアコンテンツを表示する必要がある場所にコピーして貼り付けることができる短縮URLを生成することです。

Tinypic homepagetinypic.comからのスクリーンショット

TinyPicを使用するために登録する必要はありません。これにより、画像をすばやく共有する必要があるユーザーにとって魅力的なサービスになります。アップロードされたすべての画像は誰でも見ることができるように公開されており、アカウントが関連付けられていない場合は90日間TinyPicに保存されます。

TinyPicは便利なサービスですが、Shopifyショップの画像を最適化する必要がある場合、TinyPicが適切なプラットフォームではない理由がいくつかあります。

どうしてTinyPicの代替製品を探す必要があるのか?

まず、圧縮する必要のある画像が多数、場合によっては数百個もある可能性があります。 TinyPicを使用して各画像を手動でアップロードおよび圧縮しようとすると、非常に時間がかかります。このような場合、自動画像圧縮アプリの方が適しています。

次に、前述のとおり、TinyPicは90日以内にアカウントに関連付けられていない画像を削除します。削除された画像を表示しようとすると、「画像が見つかりません」というメッセージが表示されます。製品を誇示して販売しようとする場合は理想的ではありません!

第三に、そして重要なこととして、TinyPicは広告収入に頼らずにサービスを継続することができないため、2019年中にサービスを終了します。

Tinypic is closingtinypic.comからのスクリーンショット

TinyPicは、さまざまなプレミアムプランを提供する別の画像ホスティングおよび共有サービスであるPhotobucketが所有しています。 Photobucketには画像編集ツールがあるため、画像のサイズを変更できますが、これには手動プロセスと各画像を1つずつ処理する必要があります。上記のスクリーンショットからお分かりになるように、TinyPicはPhotobucketをチェックアウトすることを推奨していますが、ShopifyマーチャントとしてはTinyIMGの方がはるかに優れた選択肢であると考えています。読み続けていただきますとその理由がお分かりになると思います!

TinyIMG - Shopifyショップのインテリジェントなが総菜的か

TinyIMG homepage image optimization

TinyIMGアプリは、特にeコマースを念頭に置いて設計されています。現在、Shopifyで動作しますが、アプリの開発チームは、BigCommerce、WooCommerce、Magentoなどの他のeコマースプラットフォームと互換性があるようにAPIの開発に取り組んでいます。

TinyIMGの優れた点は、Shopifyの製品とコレクションの画像を自動的に圧縮および最適化できることです。マウスを数回クリックするだけでインストールすることができるTinyIMGはShopifyショップ内でこれらの画像を検索、ダウンロード、最適化してから、最適化されたバージョンをショップにアップロードします。時間の節約になると思いませんか?

高度な画像圧縮

TinyIMGはJPGおよびPNG画像のサイズを最大4分の3縮小できますが、アプリにはWebPコンバーターが組み込まれているため、最適化後に画像をWebP形式に変換できます。

ご参考までに、WebPはGoogleが開発したスマートで小さな画像形式です。 Shopifyは最近、WebPのサポートを発表しました。つまり、プラットフォームは、サポートされているブラウザー間でWebPにショップイメージを自動的に表示します。

WebP形式を単独で使用すると、画像サイズに関して平均で30%削減されます。しかし、最初にTinyIMGで画像を圧縮し、その後アプリを使用して画像をWebPに変換することにより、画像のサイズを85〜90%大幅に削減することができます!

バナー、ホームページ、ブログの画像など、他のShopify画像については、TinyIMGを使用して手動で最適化し、同じ結果を得ることができます。

自動画像SEO

TinyIMGは画像を圧縮するだけでなく、画像のaltタグとファイル名も自動的に生成します。これらは、画像の内容を判断するときに検索エンジンボットが見る画像属性です。これらのボットは、検索結果を表示するときにこの情報を使用します。

このように画像を最適化することにより、TinyIMGはSEOの取り組みを促進し、検索エンジンのランキングを向上させることができます。 Shopifyストアの画像最適化のヒントについては、こちらをご覧ください。

 

TinyIMG - Shopifyショップ向けのTinyPicのより良い代替製品

ShopifyまたはShopify Plus Webサイトのパフォーマンスを向上させるには、画像の圧縮と最適化を実行する必要があります。このプロセスを効率的で楽に行うという観点では、TinyIMGに勝るものはありません!


TinyIMGで画像を最適化して製品とコレクションの画像を一括して圧縮することで、結果的に時間を節約することができます。画像のサイズを小さくすると、ウェブサイトの速度が向上し、オンライン訪問者の関心を維持できます。 TinyIMGでは画像の視覚的な品質にほとんど違いがない優れた画像縮小を行うことが可能です。

最後に、TinyIMGはバックグラウンドで一生懸命画像のSEO構造を配置し、検索エンジンが画像を見つけてショップへのオーガニックなトラフィックを誘導できるようにします。

TinyIMGは、ShopifyショップにとってTinyPNGのより良い代替手段であることをご存知ですか?このブログ投稿を読んで、その理由は何か見てみましょう!

 

最近の投稿